トップ  > IEEについて  > 3つの理念

issue

Eye-span (アイスパン) 最新号2014.Dec,

バックナンバーを見る  >>
 

works

学校建築の変遷とIEE

IEE活動実績

調査・レポート

address

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー12F
TEL 03-6205-8528 FAX 03-6205-8529

 

お問合せ・ご相談


 

3つの理念

想いをかたちに

教育環境研究所 3つの理念

調査研究・提案を通じて地域社会や教育環境の発展に貢献します。
高度な専門性とコーディネート力によってみなさまの「想い」を「かたち」にします。
各研究員は不断の努力によって専門性を追求し、総合力の発揮を常に目指します。

教育環境研究所とは

教育環境計画の専門家集団

教育環境研究所は、学校建築の第一人者である長澤悟を所長とし、学校施設計画を専門とする民間で最初の研究所として、1988年に創業しました。
わたしたちは、教育環境を学校、生涯学習施設、社会福祉施設という一生の学びの場として捉えています。
研究スタッフは、経験豊かで高度な専門知識を有し、調査・基本構想・基本計画・設計等の各プロセスを通じて、地域、学校、設置者、企業などお客さまのさまざまな課題や要請を、ビジョンや活動、それを受け止める建築や家具などの「かたち」あるものに結実するために、多角的なコンサルティング業務を行っています。

多様化・複雑化する教育環境へのニーズ

今や学校は単なる教育施設にとどまらず、人的交流や知識・情報共有の拠点、次世代に継承していく文化の拠点として、また、災害時の防災拠点・避難所として広範な機能を持つことが求められています。
いわば、地域社会の中核的役割を果たす施設としての期待が高まっています。
一方、教育面では図書館や研修施設などの社会教育施設や生涯学習施設の整備充実も求められており、また、超高齢社会に突入したことで社会福祉施設の充実も緊要の課題であります。
これら施設に求められる要件として安全・安心、環境との調和、サステナビリティ、ICTの利活用等が必須の課題となっており、複雑化、多様化しています。
快適性や居住性、多様な人々への配慮なども、必要不可欠な条件です。
わたしたちは、学校建築を中心として蓄積した、ソフトとハード両面の知識と知見を活かして、生涯学習施設や社会福祉施設を含む、総合的な教育環境づくりに貢献したいと考えています。

想いを受けとめ、想いをつなぐ

さまざまな要件や課題、利用者の要望を満たし、限られた条件や予算の中で最適な「かたち」を導くためには、設計・建設に至る前の構想・計画が大変重要です。
わたしたちは、利用者、地域、設計者、施工者、学識経験者らによるプロジェクトチームを結成し、建築前の構想段階から、教育環境づくりに参画してきました。何より大切にしているのは、関係者が参加する検討プロセスです。そのことで、みなさまの「想い」を受けとめ、それを「かたち」にするお手伝いをいたします。
そして、「想い」がのちのちまで引き継がれるように、建物完成後もアドバイザーとして運営をサポートします。