トップ  > 学校建築  > IEEスタンス/計画のプロセス

issue

Eye-span (アイスパン) 最新号2014.Dec,

バックナンバーを見る  >>
 

works

学校建築の変遷とIEE

IEE活動実績

調査・レポート

address

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー12F
TEL 03-6205-8528 FAX 03-6205-8529

 

お問合せ・ご相談


 

IEEスタンス/計画のプロセス

計画のプロセス

目標を掲げることが「想いをかたちに」する第一歩

発注者や利用者等、関係者の想いを込めた建物をつくるためには、まず「目指すものは何か」、共有できる目標を定めることが大切です。私たちは経験と専門知識を生かし、潜在的な要求も含めて意見・要望を収集・把握し、具体的な目標やコンセプトにまとめて提案します。

構想・計画は、運営や利用状況の課題を把握し、施設がどう対応すべきか検討するということでもあります。

話し合いに基づいて具体的な施設づくりの考え方や方針に変換していく作業を行います。それは形ありきの建築的提案ではなく、豊富な経験と深い専門知識により選択の可能性を提供するものです。みんなで共有できる施設づくりの考え方や方針を明確に示すことで、ふさわしい設計者を選び、コラボレーションにより想いをかたちにすることができます。



「ともにつくる」ことで新たな可能性をひらく

大勢が利用する場所は、一人ひとりにとって魅力的で使いやすいことが大切です。また、多くの出会いを生み出す可能性を秘めています。

それは、異なる立場の人々の参画を求め、一緒に検討を積み重ねることで実現できると考えます。またそのプロセス自体が新たな社会を育むことにつながります。

多くの人々が参画する計画のプロセスには、様々な異なる意見を専門的な立場から客観的に整理し分析する立場・役割が必要です。わたしたちは、これまでの学校づくりの経験と調査研究で培ってきた提案力でその役割を担うことができます。



学校づくりにおける参加の輪

参加の輪イメージ
場をつくり、専門用語を分かりやすく翻訳し、人をつなぐ


企画・構想から運営にいたるまでのかかわりの中で、果たす役割は段階ごとに異なります。具体的な計画案や設計案を提案するプランナー、設置者や利用者、提案者に専門的な立場で助言をするアドバイザー、目標が達成できるように事業計画全体の体制や進行を調整するコーディネーター、会議や打合せを通じて計画を推進するファシリテーターの役割を担います。





スピーディな計画提案

事業計画上、構想や計画のための時間を十分に確保できない場合があります。その際には、次善の方法として、最低限の与条件からこれまでの経験と知識をもとに室面積の構成等、検討に必要なたたき台を作成します。それをもとに関係者との打合せを開始することで、短い時間でも密度の高い検討を行います。






計画プロセスイメージ