issue

Eye-span (アイスパン) 30周年記念号

バックナンバーを見る  >>
 

works

学校建築の変遷とIEE

IEE活動実績

調査・レポート

address

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー12F
TEL 03-6205-8528 FAX 03-6205-8529

 

お問合せ・ご相談

新着情報

65件中 46件目~60件目を表示

【先進事例紹介】 同志社小学校 基本構想・計画指導

キーワード建学の精神に基づく一貫性のある教育成長段階に対応した教室まわりの計画 ○計画の経緯 同志社小学校は、京都岩倉の地に2006年4月開校しました。我々は設計段階から竣工に至るまで、学校づくりの議論をリードし、図面等で具体的な提案を行いました。設計・施工期間ともに厳しいスケジュールでしたが、学校設計者と熱...

【先進事例紹介】 田園調布学園 中学部・高等部 改築基本計画・計画指導

キーワードゆとりを確保したコンパクトな構成コミュニケーション空間の充実都心におけるエコスクールのモデル ○計画の経緯 田園調布学園 中学部・高等部は、大正16年創立の私立女子中高一貫校です。建学の精神「捨我精進」のもと、健全な女子の育成を目的とする知・徳・体の調和した教育活動を進めています。老朽化した校舎の建...

【先進事例紹介】 南部町立名川中学校・町民ホール 基本計画・計画指導

キーワード教科センター方式による学校づくり地域の風土を生かしたエコ・スクール地域に開かれた学校づくり ○計画の経緯旧名川町では3校統合の新中学校を計画するに当り、文部科学省のコミュニティの拠点としての学校施設整備に関するパイロットモデル研究の指定を受け、構想段階から、専門家、学校関係者を含む町民主体の研究推進...

Eye-span [03] 2013.12 特集:「学校づくり」のこれからの課題

教育環境研究所 研究誌03 Eye-span2013.December【特集】 「学校づくり」のこれからの課題 特 集 「学校づくり」のこれからの課題 Case Study のびのびと生徒が育つ中学校づくり (矢吹町立矢吹学校) 海外発 地域に根差し、地域を支える学校 (スイス・グラウブンデン州の学校のあり方...

学校づくりの10の課題

わたしたちは、全国で構想・計画の立案を行っています。学校単独の構想・計画に加えて、設置者共通の目標・指針をまとめる総合計画にも携わってきました。また、設計者選定の補助やPFI事業における要求水準書作成などの支援・協力も行っています。 現在、学校においては、活動内容や利用方法の変化への対応、耐震改修、安全安心、...

Eye-span [01] 2011.8 特集:教室・教室まわりの計画を考える

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August【特集】 教室・教室まわりの計画を考える 地域の核となる学校 -東日本大震災を踏まえて 特 集 教室・教室まわりの計画を考える 中学校のホームベース 事例 CASE 1 北海道豊富町立豊富中学校 CASE 2 茨城県大洗町立南中学校 CASE ...

[コラム] クルリと2面分のホワイトボード

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August 客員研究員 掛江恵美子 Emiko Kakee プラス株式会社ファニチャーカンパニー アタマの中に溢れるアイデアは、まずは書き出してみる。 書くことによってぼんやりしていたものの輪郭がはっきりし整理されていく、するとまた別のアイデアが次々と浮...

“はきかえ”を考える

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August 「家具」 から 「学校」をみつめる 長澤 悟Satoru Nagasawa 公共建築物で、出入口で“はきかえ” を行っているのは、今や学校だけだ ろう。児童生徒のはきかえスペースを一般に昇降口と呼ぶが、これも学校だけと言える。 昇降口は一日の...

教室・教室まわりの計画を考える

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August 教育環境研究所 野島 直樹 Naoki Nojima はじめに 1970 年代から徐々に始まった我が国の学校施設の変革は、廊下に教室を並べるだけだった計画から、教室まわりの充実を一つの目標として始められた。教室を関連づけてユニットを構成し、学...

地域の核となる学校

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August 東日本大震災を踏まえて 長澤 悟 Satoru Nagasawa はじめに東日本大震災で亡くなられた方々に、心より哀悼の意を表します。 また、被災された多くの方々にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興が適うことを願っております。...

新たな学校像と施設環境に向けて

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2011.August 研究誌アイ・スパンの発刊にあたって 長澤 悟 Satoru Nagasawa 教育環境研究所は1988(昭和63)年に創立されました。その時代、教育の変革への気運が学校にも社会全体にも満ちていたように思います。計画についての先生方との話し合い...

サイトマップ

準備中

著作権について

1.著作権の所在 教育環境研究所ウェブサイト(以下、当サイト)の記事・写真等の著作権は、教育環境研究所またはそれぞれの創作者・情報提供者に帰属しています。 また、当サイトのデザインに関しては、教育環境研究所に帰属します。 2.著作物の利用 当サイトに掲載されているいかなる情報も無断での転載を禁止します。リンク...

3つの視点・7つのテーマ

リノベーション建築物のストック、既存の組織や活動を捉え直して、新しい可能性・活用方法を提案します。ソフトとハードを総合的・多面的に検討することで、建築と活動が一体となった場をつくりだし、イノベーションにつなげます。つながりひとつひとつの個性を大切にしながら、そのつながりが社会や建築を構成していくと捉えて提案し...

IEEスタンス/計画のプロセス

発注者や利用者等、関係者の想いを込めた建物をつくるためには、まず「目指すものは何か」、共有できる目標を定めることが大切です。私たちは経験と専門知識を生かし、潜在的な要求も含めて意見・要望を収集・把握し、具体的な目標やコンセプトにまとめて提案します。構想・計画は、運営や利用状況の課題を把握し、施設がどう対応すべ...

65件中 46件目~60件目を表示