issue

Eye-span (アイスパン) 30周年記念号

バックナンバーを見る  >>
 

works

学校建築の変遷とIEE

IEE活動実績

調査・レポート

address

〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー12F
TEL 03-6205-8528 FAX 03-6205-8529

 

お問合せ・ご相談

新着情報

65件中 31件目~45件目を表示

【二次案内】第四回教科センター方式ネットワーク研究会

 先にご案内しておりました、第四回教科センター方式ネットワーク研究会の詳細が固まりました。 教科センター方式ネットワーク研究会と同志社中学校公開授業研究会を同時に開催し、午前中はそれぞれの個別プログラム、午後は同じプログラムとなります。 教科センター方式(教科教室型)の学校にご参加いただきますが、中等教育につ...

【IEEセミナー】持続可能な学校づくりに向けて in 陸前高田

 昨年12月に、宮城県仙台市と福島県郡山市で行った学校づくりセミナーには多くの自治体関係者、設計事務所にご参加いただきました。 5月27日(水)の大阪での学校づくりセミナーに続き、5月29日(金)に陸前高田市でセミナーを開催します。 今回は「持続可能な学校づくりに向けて」と題し、主に災害に強い学校づくりを中心...

【IEEセミナー】学校のかたちと施設整備の課題 in 大阪

 昨年12月に、宮城県仙台市と福島県郡山市で行った学校づくりセミナーには多くの自治体関係者、設計事務所にご参加いただきました。 今年は、5月27日(水)に大阪で第一回の学校づくりセミナーを開催します。 今回は「学校のかたちと施設整備の課題」と題し、学校づくりに係る様々な課題について、最新の事例や研究成果に基づ...

【一次案内】第四回教科センター方式ネットワーク研究会

 第四回の教科センター方式ネットワーク研究会を開催いたします。 本研究会は、教科センター方式で活動を行う全国の中学校・高等学校の情報共有・交流の場として、また、中学校のあり方を議論する場を目指し、過去三回にわたり、カリタス女子中学高等学校(川崎市)、長岡市立東中学校(新潟県)、福井市立至民中鵜学校(福井県)で...

Eye-span [04] 2014.12 特集:災害に強い学校づくり

教育環境研究所 研究誌04 Eye-span2014.December【特集】 災害に強い学校づくりと東日本大震災からの学校復興 南海トラフ地震・津波に備えた学校防災教育 特 集 災害に強い学校づくりと東日本大震災からの学校復興 南海トラフ地震・津波に備えた学校防災教育 海外発 韓国の学校建築最前線 様々な課...

【所長講演】木でつくる学校建築(岩手県建築士事務所協会)

当研究所の所長 長澤悟が3月9日(月)に岩手県盛岡市で講演を行います。 主催は岩手県建築士事務所協会です。 詳細は岩手県建築士事務所協会のホームページをご確認ください。 

社長交代及び役員人事のお知らせ

5月30日に開催された弊社臨時株主総会並びに同日開催取締役会におきまして、 飯倉 穰 退任後、小池 徳彦が代表取締役社長に就任いたしました。 併せて下記の通り役員が選任されました。代表取締役社長 小池 徳彦理事長・取締役所長 長澤 悟取締役 三野 耕司取締役(新任・非常勤) 桑田 滋 取締役(新任・非常勤) ...

【新刊案内】 新しい学校づくりはじめました。

2009年に区全体の整備方針づくりからはじまった板橋区立赤塚第二中学校の取り組みが本となりました。 新しい学校づくり、はじめました。教科センター方式を導入した、東京都板橋区立赤塚第二中学校の学校改築ドキュメント 著者 板橋区新しい学校づくり研究会(板橋区+松田平田設計)発行 flick studio 詳細はこ...

壁面収納が教室環境を変える

教育環境研究所 研究誌01 Eye-span2012.May 「家具」 から 「学校」をみつめる 長澤 悟Satoru Nagasawa 教室空間の計画史をたどってみよう。明治の初め教室は授業のための神聖な場であった。生徒は授業時間以外には外に出され、居場所として生徒控所が別に設けられた。 今の教室に近づくの...

[コラム] 現場のニーズから生まれた福祉用椅子

教育環境研究所 研究誌02 Eye-span2012.May 客員研究員 北 曉 Akira Kita プラス株式会社ファニチャーカンパニー ディー・エル・エム事業部営業部長 1997 年夏のことです。ある高齢者在宅サービスセンターを視察したときに、椅子の肘にペットボトルを上下に切ったものをくくりつけているの...

【Case Study】見附市立今町小学校改築基本計画 地域の力で、学校への「想いをかたちに」

教育環境研究所 研究誌02Eye-span2012.May 新潟県見附市立今町小学校 教育環境研究所 長澤 悟Satoru Nagasawa 見附市は新潟県の重心に位置し、「新潟のへそ」を自称する。面積が約78㎢と県内の市では最少で、人口は4 万2千人弱である。 市の西端を占める今町地区には天明年間以来350...

【先進事例紹介】 大洗町立第一中学校 改築基本計画

キーワード「共育の場」としての学校づくり教科センター方式による中学校計町内二つの中学校で一貫した教育理念に基づく学校づくり ○計画の経緯 昭和42年度に建設された旧校舎の老朽化に伴い、開かれた計画プロセスを経て改修が行われました。平成12年から13年にかけて行われた事業計画立案においては、教職員や生徒、PTA...

【先進事例紹介】 大洗町立南中学校 基本構想・計画指導

キーワード学習、生活の両面から教室を見直す教科と学年のまとまりの両立立地を最大限に生かす施設改良 ○計画の経緯太平洋を一望する高台にあり、「校舎は単なる建物ではなく教育環境の一つ。新しい教育環境をつくりたい」、「学校は地域でつくるもの、幅広く意見を聞きながら進めることを方針としたい」という町の考えを受けて、保...

【案内】 2014年度同志社中学校 公開授業研究会

記事作成:2014年4月25日 同志社中学校から今年度の公開授業研究会の案内が届きました。 日時:2014年6月16日(月) 10時受付開始会場:同志社中学校・高等学校(京都市左京区岩倉大鷺町89) 詳細は同志社中学校のホームページ(http://www.js.doshisha.ac.jp/jhs/)からご確...

【先進事例紹介】 坂井市立丸岡南中学校 基本構想・計画指導

キーワード教科センター方式による中学校計画メディア・スパイラルを中心とする空間構成縦の繋がりを重視した教室配置計画 ○計画の経緯 丸岡南中学校は、旧丸岡町における唯一の中学校であった丸岡中学校の過大規模を解消するために、分離新設校として平成18年4月に開校しました。基本計画(構想)では、学校関係者との意見交換...

65件中 31件目~45件目を表示